もうひとつの9月1日「もうすぐ学校が始まるよ」

9月1日は、子どもたちの自殺がもっとも多い夏休み明けの日。

明後日、その9月1日を迎えるので、ネットでは子どもたちに「学校に行かなくたっていいんだよ」とか、「図書館に逃げて来な」といった大人たちからのメッセージが飛び交うようになっている。

学校は行かなくてはならないところ。という親たちの常識が子どもたちを追い詰めていることは、あなたのお子さんは、『イジメ皆勤賞』ではありませんか?で書かせてもらったが、徐々に社会はその認識を変えて来ていることが感じられる。

この傾向はとても良いことだと思う。しかし、一方で学校で救われている子どもたちがいることも想像してほしい。

虐待等を受け、夏休みは「家(親)地獄」だったりする子どもたちがいる。そんな子どもたちは、早く夏休みが終わって、「学校がはじまらないかな」って思っているだろう。そして、そんな子どもたちにとって、学校は「学校」という名の大きなシェルターという機能を果たしている。給食が食べられることも重要なことだと思う。

学校から逃げて命拾いしたサバイバーな大人たちからは、「早く学校が始まって欲しいよね、もうすぐだよ」というようなメッセージは発せられることはない。しかし、学校で命拾いしている生徒たちもたくさんいるのだ。

問題は、これらを子どもたちが選択できないことであって、決して学校が子どもたちにとって最悪な場所ではないことも知って欲しい。あなたの住む町の中に、学校でしか優しい大人に出会えない子どもたちがいることを想像してみてほしい。

きっと多くの(学校司書のいる)学校図書館は、生徒たちの逃げ場であり、そんな生徒同士の出会いの場になっていると思う。「図書館に逃げて来な」は、学校の外の公共図書館員からのメッセージだと思うけど、学校の中にも逃げ場や隠れ家があると、生徒たちは安心するだろう。

その「安心空間」を、ぼくは総じて「溜め」と呼び、ぼくが代表を務めるNPO法人パノラマの取り組む「校内居場所カフェ」が広がることは、学校の中の溜めを広げるひとつの作戦だと考えている。

そして学校の中には「溜め」の機能を果たしている先生たちや司書さん、養護教諭がいる。早く、学校が始まって、そんな先生たちに抱きしめてもらいたいよね。安心したいよね。ということ、「学校に行かなくてもいいんだよ」のメッセージだけではなく、伝えたいなと思う。

学校開始は随分と前倒しの学校も多いけど、9月1日には、こんな裏ストーリーもあることを知ってほしいと思いました。

学校に行かない選択、行く選択、どちらもできるようになること、学校に来なくなった生徒を学校が把握でき、社会的自立の可能性を下げないための連携。そこをつなぐソーシャルワーク。そんな世界を見据えていきたい。

すべての人をフレームイン!
関連記事
スポンサーサイト
xmlns:og="http://ogp.me/ns#"