グレート・イミグレーション〜偉大なる移民たち〜

Radikoの破壊的イノベーション「タイムフリー」が出来てから、ぼくはラジオばかり聴いている。とは言え、ラジオを聴けるシチュエーション(主に移動時)の総時間と、聴きたい番組の総時間を考えると、聴いている番組はほぼ限定されるんだけど。

そんな番組のひとつに、J-Waveの『JAM THE WORLD』がある(FM東京の『TIME LINE』の方がメインで、ぼく的にはこっちはサブ。どちらも日替わりのナビゲーターが各自の専門性やキャラに応じて番組が構成される類似番組)。

『JAM THE WORLD』の中に、「LOHAS TALK」という、ソトコトの編集長、小黒一三さんがナビゲーターを務め、毎回多様なゲストとおしゃべりするというコーナーがあって。その日は、「グレートジャーニー(アフリカで生まれ人類が世界に拡散した軌跡を辿る旅)」で有名な探検家で医師の関野吉晴さんがゲストだった。

そこで、大変興味深い話を聴いた。ちなみに「興味深い」いうのは、異ジャンルのまったく自分に関係のないことが、何かの拍子に、一気に自分ごとになった瞬間、つまりただの知識が、自分の中で「考え」や「哲学」に消化されることがぼくにとっての興味深いということだ。

なぜ、最初の人類は旅に出たのか?

人類の起源がアフリカにあることに異を唱える学者はいない。しかし、なぜ人類はアフリカを離れ世界中に拡散するに至ったのかについては様々な説があるらしい。

小黒さんがこんな質問をした。「なぜ、旅好きのヤツと定住型に分かれたのか?」と。

関野さんは、好奇心と向上心の強いヤツが生まれた土地を離れ、グレートジャーニーをはじめたのだと最初は考えていた。しかし、「最初はそうだったのかもしれない、でも時代が進むと弱いものが追い出されたということがわかってきた」。どうやら、この話にはエビデンスもあるらしい。

強い者、つまり既得権者は土地に残り、食べ物の不足等で弱い者が村を追い出され、グレートジャーニーはトボトボと仕方なくはじまったのだ。

そして、村を追われた弱者であるぼくらの祖先が、世界の各地でフロンティア(新天地)を発見し、パイオニアになる。ほとんどの人々は滅びていったが、そこに順応しながら強者となって生き残る者がいる。そして人口が増えてくると、またそこに弱者が生まれ、村を追われ新たなグレートジャーニーがトボトボとはじまる。

グレートジャーニーの軌跡は、好奇心と向上心で拡散したのではなく、弱者追放の繰り返しによって拡散したというのだ。ぼくにとってここが興味深かった。何が自分ごとにつながったのか?

グレートイミグレーション〜偉大なる移民たち〜

明治時代の日本の移民は、ほとんどが農民で、長男は土地をもらって日本に住み続けるけど、それ以外の兄弟は土地を離れるしかなく、中には満州やブラジルに渡った者がいる。この人たちは弱者である。これは上述したエビデンスになると関野さん言う。

或いは、強い土地持ちの中国人は秋葉原で爆買いし、日本で豪遊し、中国に戻っていくが、弱い中国人は、大久保辺りに残って働いている。これは、ブラジルから来る移民も同じ構図だ。このことを考えると、「グレートジャーニー」は間違いで、本当は「グレートイミグレーション」だったんだと最近では考えているという。

この話って、強者や弱者の定義や程度が全然違うにしろ、会社の転職や退職、或いは独立企業の話に似ていないか? 既得権者である組織内強者が会社に残り、弱者はそこを離れるしかない。自分自身の独立企業の背景にもそんなことが多かれ少なかれあった。そして、横浜にフロンティアを見つけ、今、パイオニアになろうともがいている。

適者生存

人生はよく旅に例えられる。「グレートジャーニー」が人気を博したのも、視聴者たちはどこかで自分の人生を重ね合わせて観ていたからじゃないだろうか。

ぼくを含めたキャリアについての相談を受けるカウンセラーは、人生=旅というメタファーを何度となく使ったことがあるだろう。そんなカウンセラーにとって、この話は、イマドキを象徴する、メタファーを強化するよいエピソードではないだろうか?

好奇心と向上心の強いヤツがフロンティアを発見したのではない。村を追われた弱者がフロンティアを発見し、新たな環境に柔軟に適応できた者がパイオニアになったのだ。「グレートジャーニー」なんてカッコつけたこと考えなくていい。「グレートイミグレーション」を目指せ。

この話はまさに、ダーウィン(じゃない説もあり)の「強い者が生き延びたのではない。変化に適応したものが生き延びたのだ」という適者生存の話なんですね。

その日の放送はここで聴けます。






関連記事
スポンサーサイト
xmlns:og="http://ogp.me/ns#"