内定をもらってる暇な高校3年生は4月までに映画を100本観たらいいと思うよ。

我が家の長女が、内定をもらっている高校3年生なんですが、「4月まで暇なんだけど、なにかいい目標はないかな?」と相談してきました。

そうなんですよね。高校3年生たちは年が明けると自由登校になったりして、けっこう時間があるんですよね。4月から働くのに、なにもこの時期にアルバイトを勧めるのも野暮だなと思い、今しかできない、今後に役に立ちそうなこととして、「4月までに映画を100本観たら」と提案してみました。

3月から毎日1本+10本観れば目標は達成です。例えばNetflixに加入すれば、1ヶ月の無料体験+2ヶ月だとすると2千円でお釣りが来るくらいでやれる提案です。

この提案にはこんな狙いがあります。

4月に社会に出たら、いつか間違いなく上司のおじさん、おばさんにこんなことを言われる日が来るでしょう。「君は若いから知らないと思うけど、昔○○って映画があってさ」と。この提案をクリアしていると、ひょっとしたら「あ、それ観ましたよ!○○が主演で、ラストが感動するんですよね」なんて返せるかもしれない。

そうするとおじさんやおばさんは嬉しくなって、「じゃあ□□も観た?え、観てないの?じゃあ、絶対観た方がいいと思うよ」なんて話に広がるはずだし、あいつは年に似合わずいろいろ知っているな、なんて評価も上がるかもしれない。

旅行会社に内定が決まっている長女に関して言えば、「〇〇って□□っていう映画の舞台になった場所ですよね」なんていうトークの幅も広がるかもしれません。

映画を100本観ることで、文化資本が一気に豊かになり、豊かになった文化のフックで人とつながることができ、社会関係資本が豊かになっていくことでしょう。また、社会人になり忙しくなると、年間100本観ることも難しくなると思います。

今しかできない、今やってみるときっといいことある提案。あなたもいかがですか?
関連記事
スポンサーサイト
xmlns:og="http://ogp.me/ns#"