スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出張日記〜滋賀〜

先週末、京都駅から草津へ移動する琵琶湖線に乗り込んだ直後、「橋げたにトラックが突っ込んだ」というのっぴきならない理由で電車が運転見合わせになってしまった。前泊地に辿り着けばいいだけのスケジュール、ぼくに焦りはほとんどない。

いつ動き出すかわからない電車の中で出発を待つよりも、京都タワー横のお気に入りの居酒屋「へんこつ」に行くことにした。ぼくはここの、おでん、牛テールを赤味噌で煮込む大鍋の底に沈んだホルモン系のお肉を底から救い上げる、名物のサルベージが大好物なのだ。

5時の開店と同時に、常連客数名に混じって入店。注文を終え、サッポロの瓶ビールで一息吐いたところで、店のおばちゃんに「琵琶湖線が止まってるんだけど、草津には電車でしか行けないんですかね?」と訊ねた。まあ、そんなことはiPhoneで調べればすぐにわかるんだけど。

狭い店内の、一人飲みの客しかいないカウンター。BGMもないせいで、ぼくの声は全員に届いたようだった。「そういえば止まってたね」とか、回答に困っているおばちゃんの代わりに「電車しかないよ」と教えてくれる人。大将の「何があったの?」という質問に、ぼくは橋げたの話をした。

「JRも慎重だねえ」という誰かのリアクションに少し笑ってしまった。ある人は過密ダイヤの弊害だと言って、なんで○○線まで止まっちゃうのかななどと各々が好きに話していると、人知れずスマホで調べてくれていた人が「あっ、もう動いてますよ」と教えてくれた。

「あぁ、よかった」とだけ言って、礼も言わないぼくは、サルベージに入っているよく煮込まれて柔らかくなっている様々なホルモン系の肉を吟味しながら食べ、赤味噌の汁を啜った。やがて偶然京都に居た東京の仲間が合流し、お互いの仕事の話をしてすぐに別れた。

豊かさとは金の使い方ではなく、時間の使い方ではないかと最近思うようになった。

追記:ちゃっかり帰りにも「へんこつ」に寄ってしまった。またこの味を楽しめるのはいつの日になることか…。

12493731_1073546346023165_4422109810821774606_o.jpg
関連記事
スポンサーサイト
xmlns:og="http://ogp.me/ns#"
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。