「ぴっかりカフェ」カレーパーティーのご報告とお礼

11721799_1151442271539494_1430600067_n.jpg

本日(7/23)は、「ぴっかりカフェ」初のカレー・パーティーを、多くの皆さまのご協力によりする開催することができました。石井の個人ブログからになりますが、法人を代表してお礼を申し上げさせていただきたいと思います。

まず、多くの食材寄付者の皆さま、お陰さまで無事カレーを作ることができました。また、パノラマ・スタッフ及び田奈高校の教職員の皆さま、そして何よりも生徒たちが、応援者の存在を強く実感し、勇気や励ましをいただきました。食材と併せ、「ご馳走さまでした!」と申し上げたい気持ちでいっぱいです。

食材寄付者の方々が、口を揃えるように「また次やるときは言ってね」とおっしゃっていただいたと報告を受けています。これは甘えないわけにはいきません(笑)。ということで、次回はクリスマス・パーティーを同様な形式で開催することに致しました。正式に日程が決まりましたら、改めてお願いしたいと思っていますので、何卒よろしくお願い致します。

これはぼくの勝手な想いですが、一度やってイメージがつかめたので、今度は食材寄付者の皆さまを0円食堂のように、お招きできたらと考えています。

地元の方々が地元の課題に主体的に、そして無理なくできることで関わることで起こるであろう“コト”を、今回の経験で私たちはポジティブに想像することができるようになりました。今後も、様々な形で地元サポーターとして、関わり続けていただきたいと思います。

地元農家の皆さまと、「ぴっかりカフェ」をつないで下さった『森ノオト』の北原まどかさんにも感謝の気持ちでいっぱいです。(『森ノオト』さんに、「図書館内カフェで生徒の居場所をつくる。田奈高校「ぴっかりカフェ」の取り組み」という素敵な記事がアップされておりますので、是非ご一読を)

そして、毎月最終週にご協力をいただいています、あざみ野のスペース・ナナの皆さま。本日は5名のボランティア参加、ありがとうございました。生徒たちとの自然の関わり、さりげない心遣いあるサポートを見るたびに、ありがたい気持ちでいっぱいになりました。

包丁の使い方や、食材の切り方、料理の手順等、勉強に限らず、ものを教え教わる関係から生まれる信頼関係は、「知識」と「ありがとう」のプレゼント交換のようだと感じました。

また、先生方とのフレンドリーな交流が最高でした。「美味しいカレーを作って生徒たちと楽しく食べる」というミッション共有をした大人たちの垣根を越えた協力関係は、ざっくばらんな清々しさに満ち溢れていました。

行き当たりばったりで無計画な進行を物ともせず、ミッションに邁進する姿は、かっこいいの一言です。ああいう人と人のリアルなやり取りを何気なく生徒たちが見ることで、地域や大人たちに対する期待感が膨らむんだろうなと思いました。

そして、ご多忙な中、主体的にカレーパーティーに関わって下さった多くの先生方、ここ数日の準備、本当に感謝致します。学校とNPO法人の連携事業が活きるか死ぬかは、双方の主体性であると常々と思っておりますが、本当に素敵なコラボレーションができている幸せを今日も実感させていただきました。ありがとうございました。そして、お疲れさまでした。

実は今日、サプライズなゲストが調理室を訪ねて下さいました。30年前に田奈高校を卒業したという吉岡さん(写真真ん中)という方です。田奈高時代の武勇伝はここには書けないことばかりですが(笑)、母校での取り組みを応援したいと駆けつけ、寄付までしていただきました。大切に使わさせていただきたいと思います、ありがとうございました。

unnamed-1.jpg

ありがとうの言葉に溢れた一日の最後に、もう一度言わせて下さい。

「皆さま、ありがとうございました」

NPO法人パノラマ
代表理事 石井正宏

追伸:皆さまにお見せしたい写真が沢山あり、随時パノラマのフェイスブックにアップしていきますので、お楽しみいただければと思います。
関連記事
スポンサーサイト
xmlns:og="http://ogp.me/ns#"