スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9.11 と「無敵の人」

9.11

宿直明けで帰ってきたのだろうか?

テレビではまだ二機目が突っ込んでない、煙をあげた貿易センタービル。

この時はテロなんてことはこれっぽっちも考えてなかった。

そこに二機目。

こんな偶然ってあるのか?

テレビのなかで起きてることに目を疑った。

直後にテロ?と思った。

まだ、次女が生まれていない福生の借家で、とても不安な気持ちになった。

当時、ある寮生の相談を頻繁に受けてて。

その寮生から、生々しい黒煙が立ち昇るさなかにメールが来た。

開くと悩みや愚痴が羅列されてた。

世界と個人、ミクロとマクロの狭間に立ったような気分だった。

直ぐに「今はおまえの悩みなんてどうでもいい、直ぐにテレビをつけてみろ!」と返信した。

9.11

このことを必ず思い出す。

世界と繋がることのできない孤独な魂にとって、世界で何が起きてるかなんて関係ないんだよな。

ひるがえり、「無敵の人」のことを考える朝です。
関連記事
スポンサーサイト
xmlns:og="http://ogp.me/ns#"
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。