スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

40歳以上のまとまった職業経験がない方々がいることを社会は前提としていない。〜失業者支援と無業者支援について〜

はじめに、僕の考える失業者と無業者の違いを明確にしたいと思います。

失業者:まとまった職業経験があり求職活動に熱意がある。
無業者:まとまった職業経験がなく求職活動が不安がある。

ちょっとざっくりすぎる気もしますが、まあ、こんな感じでしょう。
この「職に就いていない」という状況は同じなのに、
両者の状態には雲泥の差
があります。

状態の差が支援の違いとなるため、ハローワークに代表される「失業者支援」と、
サポートステーションに代表される「無業者支援」の施策や手法が違っているわけですが、
現状では、40歳になると状態ではなく年齢で分けられてしまい、
40歳以上の無業者の方々が受けられる支援がありません。


これは厚生労働省の若年者就労支援の対象年齢が15歳〜39歳だということだけではなく、
40歳以上のまとまった職業経験がない方々がいることを社会が前提としていない
ということではないでしょうか。

斎藤環さんの『ひきこもりのライフプラン』等、
高齢ひきこもりの問題は業界でもずっと課題とされながらも、
打開策を見い出せず、自分の反省も込め、先送りし続けてきている問題だと思います。

今回はこの問題について考えてみたいと思います。

シェアするココロでは、失業中の方を対象とした、
生活給付金付きの職業訓練「求職者支援訓練」を受託している団体さまから、
ビジネスマナー等の講座の企画運営のご依頼をお引き受けしており、
39歳以上の“元若者”の方々とお会いする機会があります。

僕も講師を務めさせていただくことがあるのですが、
驚くのは、受講している40〜60代の方を中心に、
皆さん拍子抜けするほど朗らかで明るく、
20〜30代の暗く不安げな若者たちとは大違いだということです。

僕はこの違いに、
「失業者支援」と「無業者支援」の違いのすべてがあると考えています。

40〜60代の彼らに、
人生を棚卸しするワークショップをしていて気付くのですが、
彼らには立派な職業経験があり、聞けば様々な武勇伝や苦労話が飛び出します。
多少盛ってるにせよリスペクトに値する方々が必ずいます。

彼らは右肩上がりの社会で、一定程度の職業的成功体験を積み、
自己効力感を醸成し、それが笑顔となり朗らかさを醸しているのです。

どこか「なんとかなるさ」というムードが場にあるんです。

僕の中では彼らのような方々が失業者であり、
ただ、職が失われているだけの状態の方々であり、職に就けれさえすれば、
直ちに元の生活に戻っていける方々です。

一方、何らかの事情により、
職業経験が殆どない20〜30代の無業者の方たちには、
ただ職を斡旋しただけではどうにもならない、深い心の闇のようなものを感じます。
自己効力感の醸成や自尊心の回復のような、内側からのケアが必要な方々なのです。

30代の方の中には、39歳という支援のタイムリミットが迫っている方もいるわけですし、
このままではいけないと思いながらもひきこもりから抜け出せない40歳もいるわけです。

仮に40歳のひきこもりの方が、
40歳という年齢の境をきっかけに支援を受けようと思うと、
現状では失業者支援を受けるしかありません。
自分を支えてくれる社会的仕組みがないことを知り、気持ちが萎え、またひきこもる…。
そして、今の社会はその気持に誰も共感はしてくれません。

実は支援の現場では年齢制限とはまた別の現象が起きています。
39歳までを対象としていながら、
運営団体の問題とは関係なく、39歳の方が居心地のいい空間ではないということです。
自分より年下の利用者が大半を占め、話題やムードについていけない。
スタッフが自分より年下で凹む…、などなど。

まだまだ考えなければならいことは多いのですが、
凄く大きな問題定義になりますが、以下の様なことを提案したいと思います。

1.第一に40歳以上のまとまった職業経験がない方々がいることを社会が前提とする。
 SNEPなどの調査が行われていますが、まだまだ把握がされていないと思います。
2.若者を15歳〜39歳という区切りではなく、15歳〜29歳という区切りにする。
(10代にとっては30代はおじさんなので、15歳〜22歳という区切りの必要性も感じている)
3.30歳〜50歳までの無業者支援を制度化する。

自分でもこれだけ書いてきて、最後これかよ、と思う(苦笑)。
でも、1.のように今あるこの現実に向き合うことからはじめなければならないと思います。
今後もこの問題について考えていきたいと思いますので、
ご意見や僕の知らない支援や制度について、コメント等いただければと思います。
関連記事
スポンサーサイト
xmlns:og="http://ogp.me/ns#"
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。