スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄則!企画書は「1枚」にまとめよ(まとめ)

鉄則!企画書は「1枚」にまとめよ The One-Page Proposal
パトリック・G・ライリー著を読んだ。

正直、この1枚で企画が動き出すことがあっても、
現場を動かすことはできないだろうと思ったが、
企画が通り、予算を獲得しなければ現場は動かせない。
よって、こういうキーパーソンの心を動かす企画書は大変重要である。

以下に、企画書の核となる8つのパートをまとめておく。

1.タイトル
1ページ企画書がもっと長いビジネスプランをインパクトや明瞭性、意図を薄めることなく紙1枚に圧縮したものだとすれば、タイトルは1ページ企画書をワンフレーズに圧縮したものだ。企画書を渡された相手は、少なくともタイトルだけは読んでくれる。だから、企画書を言い表す魅力的なタイトルをつけなくてはならない。

2.サブタイトル
タイトルの言葉を受け、そこに色彩を加え、情報や説明を補足する。タイトルがシンプルなふれーずであるのに対し、サブタイトルはむちょっと詳しい説明になる。タイトルを観て疑念が残っていても、多分サブタイトルまでは読んでくれる。ここで読み手の心をがっちりつかんで、先を読まさなくてはならない。

3.目的
「企画意図」と読み換えてもいい。その企画がなにを目指しているのかを簡潔に説明する。「なにをしたいんだ?」「この企画が通ったら、どうなるんだ?」という疑問に答えるのがこのパートだ。

4.サブ目的
どんなプロジェクトでも、目的はひとつだけではないだろう。副次的な目的は、それ単体で企画を動かす魅力はなくても、中心的な目的を補完し、企画のメリットを大きくすることにより、企画書の説得力を高める効果がある。

5.理由
1〜3個のパラグラフで,そのプロジェクトを推進すべき理由とそれが実行可能である理由をすべて語る。リサーチした情報の多くはここに書き込む。読み手の疑問を先取りして、企画の妥当性を主張しなくてはならない。しっかり準備していると相手に印象づけ、あなたの熱い思いをアピールしよう。

6.予算
コストや売り上げ予測などの数字を扱う項目。企画書を読ませる相手に資金を拠出させる要請をするわけでなくても、資金面の状況については頭に入れておいてもらう必要がある。あなたの企画を後押ししたり,誰か力になってくれる人物を紹介するには、財部面を把握しておきたいはずだから。

7.現状
今の状況はどうなっているのか? これまで何が行われ、企画のどの要素がすでに実現し、誰に話が持っていかれ、既に合意に達したものはあるのか? これらの疑問に前もって答えるのがこの項目の目的。企画書を提出する日の時点で企画がどういう状況にあるのかを正確に説明する。

8.要望
「それでどうしてほしいの?」という読み手の問いに答えるのがこの項目。1ぺ−じ企画書でこれまで書いてきたことはすべて、このワンセンテンスの準備と言ってもいい。誰かに推薦してほしい、投資をしてほしい、資金を融資してほしい、プロジェクトに参加してほしいなど、相手に要求する行動を具体的に書こう。

9.日付と署名
企画の最後に、日付と署名を記す。


これは,自分自身のアイデアを社内で共有する際にも使えるものだと思うし、
様々な場面で,自分自身の置かれている現状把握と未来予測に役立つものだと思う。
最後に、とても印象的な言葉を紹介して終わりにしよう。

知っていることを漏れなくリストアップできてはじめて、もう一つのもっと大事なリスト、すなわち知らないことのリストを完璧につくれるからだ。自分がなにをどの程度知らないかを知ることは、リサーチの出発点だ。『企画書は「1枚」にまとめよ』パトリックGライリーより。
posted at 09:47:18





関連記事
スポンサーサイト
xmlns:og="http://ogp.me/ns#"
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。