スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ツン押しデレ引きモデル」と「ツン引きデレ押しモデル」について

今日の帰りがけ、
弊社で僕とは違う形で、高校連携している織田鉄也と、
女子生徒のツンデレにどう対応するべきか、
という話で、瞬間盛り上がった。

僕らはこう見えて、
日本の最先端ともいえる学校連携支援の第一線で支援をしている。
今このノウハウを今後学校連携しようとしている支援者の皆さんに、
ご提供できるよう、準備を進めている。

(以下、なぜか鬼教官風。心して聞いてもらいたいw)

まずはツンデレについて整理しておこう。

ツンは、ツンツンとしてトゲのある感じだ。
気が立っていて、心を閉ざした状態であり、
何を言っても「別に」でかわされる。

それでも声を掛け続けていると、
「うぜぇよ」、「消えろよ」とキレる。

近くに投げられる硬い物がないか、
俺のような上級者は注意を怠らない、おまえらも忘れるな!

要はツンというのは話にならない状態だ。

もうひとつのデレ。
何があったのか知らないが機嫌が良く、
自分から近況報告などをしてきて、
ずっと楽しそうに話している。

こちらが熱心に聞いたわけでもないのに、
最後に「聞いてくれてありがとう」などと、
大人を泣かすようなことを言いやがる…(泣)。

ここで惑わされてはいけない。
今は嵐の前の静けさとでもいうべきデレなだけなのだ。
また躁状態ではないかだろうか?
という冷静な目線も忘れてはならない。

これが同一人物かと思わせるのがツンデレだ、わかったか!

さて、俺たち支援者は、どちらの時に押し、そして引くべきか。
このマトリクスを見ながら聞いてほしい。
つうでれ2
まずはバイタルやメンタル面から、このツンデレを考えてみる。

実は、攻撃的なツンの方がバイタルやメンタルは落ちている。

落ちる何かがどこかであったのだ。

家庭から引きずっている問題か、
学校で何かがあったのか…。
こういうことは、先生方はよく把握しているので、
あとで情報交換しておくとよいだろう。
家か学校かで支援計画は大きく変わってくる、覚えておけ!

助けが必要な状態はこのツンなのだ。

しかし、迂闊に近づけば「キモい」と一蹴され、
それなりにこちらもダメージを食らう。
柔な支援者ならこれで心が折れるだろうが、おまえらは違う!

このことからわかるのは、
初心者は「ツン引きデレ押しモデル」を使うべきである。
おまえらが学校に入ったら、まず実践してみるのは、
この「ツン引きデレ押しモデル」だ、わかったか!

もしも、その生徒に言いたいことがあるならばデレの時がいい。
しかし、これは覚えておいてほしい、
その約束はツンになると反故となる可能性が高い。

約束の成立はむしろツンの時だったりする。

しかしそんなドラマチックな展開はレアだ。
夢見てんじゃないぞ!これはテレビドラマじゃないんだ、現場なんだ!!

これは一握りの優秀な教師たちの特権的エリアで、
俺たちはそれをサポートするために学校に入っているんだ。

しかし、時間をかけてラポール形成(信頼関係構築)がなされた後もなお、
「ツン引きデレ押しモデル」ではダメだ。

一進一退を無用に続け、卒業というタイムリミットがきてしまう。
支援者なら今一度、何のためのラポール形成か考えてみてほしい。

おまえを好きになってもらうためか?違う!

おまえが嫌われてでも、生徒を自立させるのがおまえのミッションだろう。
しかし、そんなおまえを生徒が嫌うはずがない。それが生徒たちだ。
そう信じるんだ、わかったか!

ラポール形成されたと感じたら、
思い切って「ツン引きデレ押しモデル」を捨て、
「ツン押しデレ引きモデル」で迫ってみてほしい。

いいか、このことをおまえの、胸に刻んでおけよ。
本当におまえに会いたくなければ、
おまえの前に姿を見・せ・な・い。
いいか、わかったか!

では、なぜデレの時に引くのか?

すまん、そこまで考えてなかったw

おわり

このブログをふざけて書いていると、織田から真面目なメールが届いた。
なるほど、説得力があるので、そのまま紹介させてもらう。


ょっとまじめに考えてみると、

「ツン引きデレ押し」は、相手のペースに自分のペースを預けることだと思います。
このやり方が提供できる関係は一定の距離で関わってくれる「安心感」だと思います。
つまり対人不安が強かったりして人を試してくる生徒にこそ有効だと感じます。

一方で
「ツン押しデレ引き」は、相手と対等な立場で関わろうという姿勢だと思います。
このやり方は、お互いに相手との関係そのもので遊んでくれる「戯れ」だと思います。
つまり刺激や本気で向き合ってくれる相手を求めている生徒にこそ有効だと感じます。

織田鉄也
関連記事
スポンサーサイト
xmlns:og="http://ogp.me/ns#"
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。