スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜の卒業式が素敵過ぎだった件。

僕が相談員をさせていただいている高校の、
卒業式に出席させていただいた。

今年で2回目の涙だった。
ここしか知らないけど、
ここのほんと泣ける温かな卒業式だ。

そして今年は、
先生方による、夜の卒業式にも出席させていただいた。

そこは先生方の聖域なので、
と実は遠慮したんだけど。
この学校のチームの一員としてお誘いしていただけたことが嬉しく、
お言葉に甘えさせていただいた。

今回の33期生を担当された、
担任の先生方(担任団と呼ぶらしい)の話は、
とても感動したし、
担任団を支えていた生活指導の先生や、
途中で離任された先生の話など、
どれも涙を誘う話ばかりだった。

ここに笑いの散りばめ方が絶妙なのが、
この学校の夜の部なんだけどね。

僕は素直に思った。
「こんなに感動的な職場があるだろうか?」
「先生って、本当に素晴らしい仕事だな」と。

当然、外部の僕が知らない、ご苦労や気苦労も多いことだろうけど。
そういうものも水に流れるのが、
この卒業式ってものなんだろうなと想像する。

僕は、教師という職業を嫉妬する思いで、先生方の話を聞いていた。

特に、担任団の先生方が口を揃えていう「担任っていいですね」という言葉が、
しみじみと胸を打ったし、

それは、来年度からはじめて担任を持つ新人の先生方への
励ましとなっていた。

丁度、僕の隣の席の若い女性の先生が、
来年度からはじめて担任を持つことが決まっているらしく、
期待と不安はどっちが大きいのですか、と聞いてみた。

「この学校だから期待が大きいです」と、笑顔でお答えいただいた。

それは、夜の卒業式のムードそのものの、笑顔だった。

先生方の挨拶で心に残ったものをご紹介したいと思う。

1年生を迎える前に、生徒がいた中学校に行き、
引継ぎのようなことを自主的にしているという。

その時に、中学校の先生から言われた一言が忘れられないという。

「中学の先生が、あの子は中学校で一度も主役になれなかった子なので、田奈高校では是非主役になれるようお願いしますと言われ、自分の仕事は切り捨てることではなく、引き上げることなんだと自覚した」

この言葉は、この間のエントリーで書いた、
モーニングコールをしていた先生の
「切り捨てるのは簡単なことですか」と重なる。

そして、生活指導の先生が言ってた言葉。

「今日は中退した◯◯(生徒のフルネームを噛みしめるように)や、◯◯、◯◯が来てました。そして、学校の外では◯◯がバイクで走り回ってました。今日はあいつらにとっても、卒業の日であり、あいつらなりにケジメを付けに来てるんだと思う」

生活指導という立場をおもんぱかると、泣けたなあ。
これを書きながらも泣けてくる。

こんなに素晴らしい、情熱を持って仕事をしている現場には、
全然スポットが当たらず、
ほんの一握りの不祥事だけがクローズアップされている。

この人たちの心が折れず、
頑張ってこれているのは何か?

生徒がいるからだ。

夜の卒業式。
こっそり生徒たちに見せてやりたいと思った。
おまえらのことをここまで考え、
涙を流す大人たちが、
おまえたちにはいるんだぜって。
関連記事
スポンサーサイト
xmlns:og="http://ogp.me/ns#"
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。